南相馬市の進学塾・京大個別会に小学生の勉強から大学受験まで幅広くお任せください

  • ツイッター
  • facebook
  • LINE

京大個別会

  • TEL0244-26-4222
  • 受付時間
    [平 日] 08:00 ~ 22:00
    [土日祝] 08:00 ~ 18:00
  • 〒975-0004 福島県南相馬市原町区旭町3−11Rinaビル2F
  • 京大個別会 原町校とは

    京大個別会 原町校のご案内です。

VISION私たちの想い

南相馬市の子ども達の人生を変える

震災以降、過疎により都会と比較し教育・情報の格差が広がり続ける地域でも、
人生を自らの力で切り拓ける人材を輩出する

MERIT京大個別会の特長

小中高校生を対象に一貫指導を行っており、受験指導から成績アップまで一人ひとりの学習課題に対応し、効果的に学力を伸ばします。

  • 塾長・教室長による
    個別指導

  • 塾長・教室長が授業をプロデュース。
    「ついていけない、わからない」をなくします。
    通常授業は塾長・教室長の直接指導とタブレットによる反復学習を行います。各生徒の学力や性格、目標を加味した上で、「ついていけない、わからない」がないよう、コミュニケーションをとりながら、生徒一人ひとりに最良の授業を提供します。
  • 小・中・高校生
    全教科指導

  • 小中高校全ての学年で全教科指導。
    高校・大学入試を見据えた全教科指導、だから圧倒的に伸びます。
    小・中学生は、国語・数学(算数)だけでなく、理科・社会・英語も学習し、定期テストでの得点や順位を上げていきます。
    高校生は、大学受験に必要な教科・科目全てを学習し、志望校合格へと導きます。
    また、定期テスト前は対策授業を行います。各学校のテスト範囲表に合わせて授業を行います。
  • 「わかる」から
    「できる」へ

  • 小さな成功体験をたくさん積み重ねます。
    だから、勉強する姿勢が身につきます。
    当塾で使用するオリジナル教材は、他塾のテキストと比較すると、細かい単元で構成しています。通常授業で一つひとつの単元を「わかる」状態にした後、宿題や家庭学習で徹底的に反復学習を行い「できる」状態にまで落とし込みます。このスモールステップアップの学習習慣を身につけることにより、当塾生はテストの成績が格段に上がるのです。
  • 忘れない力を
    身につける

  • 学んだことを定着させるため、生徒にあった宿題を提供。
    当塾は「教える、教わる」ことを目的としていません。あくまで「学力向上、苦手克服、志望校合格」のために存在しているのです。そのために宿題は必須です。塾に通うだけでは、学力が定着・向上することはあり得ません。
    重要なのは「学習したことをどれだけ忘れずに定着させるか」です。そのため、宿題は、次回の授業までに「何をどのように行うか」を含め、塾長が指示をだします。どうしても独りでは宿題できないという生徒さん向けに、自習室を用意しています。
保護者様とは無料の面談・相談会を実施しております。
当塾は、保護者様とのコミュニケーションをとても大切にしています。

学習塾のサービスというのは、代金を支払う人(保護者様)とサービスを受ける人(生徒様)が違うので、ただ良い授業をするだけでなく、きちんと保護者様にその内容を伝えなければなりません。 ですから授業後、その日の授業内容を確認し、生徒の「できるようになったこと、発覚した弱点、それをどのように克服していくか」などをまとめます。そしてそれを元に保護者様としっかりと話し合い、学習方法の修正や進路について本気で考えていきます。全ては「生徒に対してどれだけ想いがあるか」を重視して授業や面談・相談会を実施しております。

特に受験生に関しては、ご希望があれば年間4〜5回面談を行ない、生徒の啓発や受験カウンセリングを無料で行なっています。

PROFILE

京大個別会原町校 塾長 佐藤晃大のプロフィール

  • 塾長の声

    京大個別会原町校は、南相馬市に住んでいる子ども達の「夢」を実現させるため、自ら人生を切り拓ける力をつけて頂こうと、小学生から大学受験まで一貫して一緒に歩んでいく学習塾です。
     みなさまご存知の通り、元々相双地区は県内でも学力が高くない地域ですが、震災後、南相馬市の子ども達は避難せざるを得ない状況になり、さらに学力の低下が加速しました。
    震災から6年が経過した現在、この地域の公立高校の入試倍率はほぼ1.0倍であり、勉強をしなくても高校まで進学できてしまう状況ですから、学力低下は一目瞭然です。
     しかし、大学受験は全国のライバルと戦わなければなりません。震災があったからといって大学受験で、そのことを考慮して点数を加算してもらえることなどなく、被災していても全国の同級生と平等に戦わなければなりません。自分たちで道を切り拓いていくしかないのです。
     さらに、ここ南相馬市は、都市部と比較すると圧倒的に「教育に関する情報格差」があると、神奈川県の学習塾で働いていた私は痛感しています。高校受験などただの通過点に過ぎず、「全国区」である大学受験や就職活動で自分の夢を叶えられる力を、小学生のうちからつけてもらいたい。そのために首都圏との教育・情報の格差を是正するべく最新の情報と教務を提供したい。その一心で京大個別会原町校を開校いたしました。
    京大個別会原町校は、南相馬市の子ども達が全国のライバルと平等に戦い、自らの力で夢を実現し、自分の人生を変えられる人材を輩出していきます。

    経歴

    1987年10月22日福島県南相馬市原町区生まれ。
    原一小・原二中・原高を卒業し、日本大学生物資源科学部・大学院を修了。
    神奈川県秦野市の早稲田アルパス 東海大学駅前校 講師 そろばん塾ピコ本厚校 教室長を歴任。
    2014年2月に京大個別会原町校 そろばん塾ピコ原町校を開校。

  • 京大個別会原町校の開校に尽力された佐藤晃大塾長の
    恩師であり、講師としての師匠にあたる

    鈴木鯛功氏のプロフィール

    1969年生まれ。東海大学教養学部首席、大学院理学研究科修了。
    神奈川県秦野市の個別指導塾、早稲田育英ゼミナール東海大学駅前校塾長。(現 早稲田アルパス 東海大学駅前校)
    5年連続でFC全国600教室中最優秀教室に選ばれ、2012年には、最優秀「売上・塾長・模範教室」賞の3冠を達成。
    早稲田育英ゼミナールの経営顧問を歴任。京大個別会SOROBAN塾ピコ東海大学駅前校・本厚木校塾長。大学教育学会会員。